ollie

それぞれのスタイルを120%映し出す<br>○ ○ ○の部屋が見たい !<br>ROOM 1<br>海外クリエイターの部屋<br>VIRGIL NORMAL

広々としたリビングルームのソファに座る、チャリー(右)とシャーリー(左)。カップとソーサーを置いたクリアの台が面白い。

それぞれのスタイルを120%映し出す
○ ○ ○の部屋が見たい !
ROOM 1
海外クリエイターの部屋
VIRGIL NORMAL

Ollie 2019年1月号 Vol.237より

 

 

100人いれば100通りの部屋があるけれど、プライベートな空間はなかなか見る機会が少ない分、より“○○○の部屋が見たい!”と思うのが人の性(さが)。ここではOllieが気になった4カテゴリーにスポットを当て、それぞれのスタイルを120%映し出した部屋を覗いてみたい。

広いスペースを贅沢に使って
好きなモノを見えるところに

有名無名問わず、自分たちが純粋に良いと思うアーティストなどと共に、ファッション+αを発信するLAのブランド&ショップ〈VIRGIL NORMAL〉。日本でも高い人気を誇るそんなVIRGIL NORMALの2人が住む、シルバーレイクと呼ばれるエリアに佇む一軒家からスタイルを紐解く。

(左)一軒家ならではの、贅沢な開放感のある天井高もポイント。
(右)崖のようなところに建てられた一軒家がふ たりの住まい。

ROOM DATA

1.居住エリア:LA・シルバーレイク 2.居住年数:10年 3.家賃:ー
4.広さ:ー 5.住んでいる家&街を選んだ理由:このエリアが昔から大好きで、多くの友人たちが住んでいます。少しだけ複雑な場所に建っていますが、私たちが活動する全ての場所から近いのでとても便利です
6.駅から家までの距離:ー 7.部屋のお気に入りポイント:ー
8.部屋の改善したいところ:ー 9.次に住みたい街:ー
10.カッコいい部屋に住んでいる友達:ー

築50年以上の家に
膨大なコレクションを

チャーリー・スタントン(以下チャーリー)とシャーリー・倉田(以下シャーリー)による、VIRGIL NORMALのショップがオープンしたのは、2015年の6月20日。2人の感性をそのままアウトプットしたような、手作り感満載のお店では、U.S.だけでなく世界中のアーティストの作品やアパレルがラインナップされ、高感度なファンから高い支持を集めている。本誌も2年前にお店を訪れ、クリエイティブを刺激するアート性の高さはもちろん、チャーリーのピースフルな人柄に惹かれ、今回はでフォトグラファーとして活躍する(廣永)竜太くんにお願いし、久しぶりに取材をオファー。快く取材を受け入れてくれたチャーリーとシャーリーが暮らすのは、オシャレなエリアとしてでも人気が高く、ショップからのアクセスも便利なシルバーレイクだ。

「私たちの家は1962年に建築家のStephen Alan Siskindによって建てられました。近くの丘や風の吹く道路で、交通状況など関係なく散歩することができ、迷路のような階段が近所の周りを蔓延っているので、とても良いエクササイズになります。それと、1950年代の山奥にある、バンガローからも影響を受けています。特にル・コルビュジエという、スイスの建築家のものから影響を受けました。」10年間住むという今の家と、シルバーレイクを選んだ理由を教えてくれたチャーリーに、家のお気に入りポイントを訪ねると「気に入ってる場所は、グリフィスパークという山とサンセットが見れるパティオ(※中庭)です。友人を呼んでバーベキューをするには最高の場所で、静かにすると近くのグリークシアターという映画会場から、コンサートの音が聴こえてくるのも好きです。コーヒーとiPhoneを持って、このパティオから1日が始まります」と教えてくれた。

数えきれないほど所有する写真集や書籍は、色別に分けることで単なる収納ではなく、“見せる収納”に。

(左上)膨大なレコードは、棚だけでなく床にラフに置いたりするのもいい雰囲気だ。
(左下)使うことはなく、完全にディスプレイと化しているレコードプレイヤーとiMac。
(右)黄色の螺旋階段は、チャーリーとシャーリーのお気に入り。

開放感のあるリビングは
2人+2匹の憩いの場

今回は主にリビングルームを中心に撮影をさせてもらった中、まず気になったのが一軒家ならではの天井の高さ。およそ400スクエアフィート(日本でいうとおよそ37㎡)のリビングは大きな窓から入る陽の光が最高で、平米数以上の開放感を与えてくれる。そんなとびっきりのリビングルームには、お気に入りのアートや家具を中心に、絶妙な年代のiMacやレコードプレイヤーなどがディスプレイされているディテールからも、ただ単にネームバリューのあるモノを揃えるのでは生み出せないセンスの良さが。アート好きならではの、大量の写真集や書籍をストックした本棚や、二人の好きな黄色の螺旋階段、数えられないほど所有するアナログレコードに、存在感抜群の暖炉。それらの本当に好きなモノだけを置き、収納して隠すのではなく目に入るように〝ディスプレイ〞として統一されているのも、大きなポイントだ。隣接するダイニングスペースも、整理整頓が行き届いた居心地のいい空間になっている。

そんなハイセンスな部屋の参考にしている友人やアーティストを聞くと、「Milton Glaser, Paul Rand, Le Corbusier, Sister Corita Kent, Charles and Roy Eames, Bertoia, Alexander Girard, Verner Panton, Saarinen.」という名前を挙げてくれた。気になる方は、ぜひチェックして見てVIRGIL NORMALの世界と比べてみても面白いかも知れない。

そして、人の生活に欠かせないのが、アレクサンダーとファニーキャッツと名付けられた、双子の猫の存在。「彼らとは356 Galleryという、のアートギャラリーで出会いました。この時ギャラリーでは様々なアーティストを招待して、猫が遊べる楽しい空間とジオデシックドームという、正二十面体の球体で猫が暮らせる空間作りをする、アートショーが行なわれていました。それに、このギャラリーではLAの子猫保護団体が、里親が必要な猫たちを供給していました。クリスマスショッピングのついでにこのギャラリーに立ち寄ったとき、ホリデーで数日間ギャラリーを閉めるので〝週末の間だけ猫を預かって欲しい〞と頼まれ、それからもう4年間ずっと預かっているんだ。今では彼らは、私たちの創作意欲を刺激するミューズで、Virgil Normalのデザインソースになっているんだ。実際にVirgil Normalの全てのシャツの襟裏に、アレクサンダーの刺繍が入っているよ」と、今回のテーマの部屋のことよりも、猫について雄弁に語りたそうなほど、愛情を注ぎまくっている。

丘の上に建つ築50年以上の一軒家で、愛猫2匹と好きなアートなどに囲まれるチャーリーとシャーリーの暮らしは、日本から見ると映画の世界のような錯覚すらする、ひとつの理想的な生活。最後に、定番の日本のファンに向けてメッセージをお願いしてみた。「私たちはあなたが大好きです。早くみんなとパーティーしたいです」。

(左)最低でも週3回は料理はするそうで、得意 料理はタコスと麻婆豆腐。
(右)リビングと隣接したダイニングスペースには、6人分の椅子とテーブルが。

(左)テレビのまわりにはCDや書籍を並べ、左には暖炉があるのも窺える。
(右)毎朝コーヒーを飲んだり、仲間とバーベキューを楽しむパティオは贅沢な空間。

2人のアート好きな趣向を
部屋と同じくショップにも

Virgil通りとNormal通りに面したところに構えることから、Virgil Normalと名付けられた2人のお店は、部屋同様にアート性の高い作りや商品をラインナップ。2人の人柄も感じる、ユルくて居心地最高なお店もチェックしたい!

  • スライド

  • スライド

  • スライド

多くのアーティストが
ポップアップを行う溜まり場的存在

特徴的な外壁の色と、通りに面した壁一面のガラスがシンボリックで、太陽の光が降り注ぐ明るい店内は2人の家のリビング同様、白をベースにクリーンな印象。国内外から2人の「真実であること、取り扱っているブランドやコミュニティーの関わり合い、地域社会への貢献。商品や物よりも、取り組みや中身を大切にしています」というフィロソフィー(哲学)のもとに選ばれたアイテムを中心に、グラフィックが人気のオリジナルまで、幅広く展開される。ちなみに現在人気なのは、Virgi Normal, Braindead, Monitalyとのこと。

ショップ内で白をベースにしている以外に、部屋との共通点を聞くと「黄色を支配的なアクセントにしていて、サボテンなどの多肉植物で統一している」とのこと。日本だけでなく、いまや世界的に人気のグラフィックデザイナーであるVERDYのポップアップを行ったり、チャーリーとシャーリーの人柄と居心地の良さから、単なるショップではなく、コミュニケーションの場としても大人気。

たまに写真のように、チャーリーのDJを聴ける日もあるらしい。今回撮影をお願いしたフォトグラファーの竜太くんも、たまにお店の手伝いをしているそうなので、ぜひLAに訪れた際は足を運んでもらいたい。

  • Photo _ Ryuta Hironaga
  • Design _ Akio Saito

Charlie Staunton & Shirley Kurata

チャーリーはデザイナー、シャーリーはスタイリストとして、Virgil Normalを共同オーナーとして2人で運営する。

 

SHOP INFO

4157 Normal Ave, Los Angeles, CA 90029

 

www.virgilnormal.com 

@virgilnormal

Charlie Staunton & Shirley Kurata

RECOMMENDED FOR YOU

to top